スコティッシュフォールドに食べさせるキャットフードは絶対無添加にしましょう!

添加物は体に様々な悪影響を与えるので通院や看病などによってあなたの負担が大きくなりますし、何よりあなたの愛猫が一番辛い思いをすることになってしまいます

 

スコティッシュフォールドに食べさせるキャットフードを選ぶ際に見るポイントは無添加以外にもあるので、ここで説明しますね!

ちなみにスコティッシュフォールドにオススメの無添加キャットフードは『モグニャンキャットフード』です。

モグニャンキャットフード>>モグニャンキャットフードの詳細はこちら

キャットフードで無添加以外に見るポイント

まず、簡単に添加物についての話から。

添加物はキャットフードを腐りにくくするための酸化防止剤や、見栄えを良くする着色料などが代表的です。

こういった添加物は体内に残留して悪さをしたり、アレルギーのような反応を起こすこともあります。

人間にとっても添加物は良くないと言われているので、当然スコティッシュフォールドにとっても良くないものです。

だから、添加物の入っていない無添加を選ぼう!ということなんですね。

 

無添加以外で抑えておきたいポイントは2つ。

グレインフリーとヒューマングレードという2つの項目です。

 

グレインフリーとは?

市販の安物の原材料を見てみると穀物が含まれていると思います。

しかし、穀物はスコティッシュフォールドにとって胃の負担になる食材なんです。

人間はアミラーゼという消化酵素を持っているので問題なく消化できますが、スコティッシュフォールドはそのアミラーゼを持っていません。

消化するのに多くのエネルギーを消費したり、消化しきれずに吐いてしまうことがあります。

ですのでスコティッシュフォールドの胃の負担にならないように穀物が入っていないキャットフード、つまりグレインフリーのキャットフードを選んであげましょう。

ヒューマングレードとは?

一言で言うと『人間でも食べられる物』ということになります。

市販されているキャットフードの原材料にミートミールやチキンミール(エキス)などが書かれています。

こういった食材は、実は病気で死んでしまって人間は食べられないランクになってしまった肉などのことを指しています。

つまり、売り物にならな廃棄物を捨てずにキャットフードにしているんです。

死肉や病気を患った肉が使われているため、衛生面で非常に不安になりますね。

ちなみに、こういった使えない肉のことを『4Dミート』と言います。

 

そんな4Dミートに対して、ヒューマングレードは人間がそのまま食べても問題ない状態の食材を利用しています。

ですので、実際にキャットフードを食べても何の問題もないレベルになっています。

ヒューマングレードであれば自分でも食べられるという根拠からスコティッシュフォールドに食べさせるのも抵抗になりませんよね。

キャットフードは無添加、グレインフリー、ヒューマングレードが当たり前

プレミアムキャットフードと呼ばれている高級なキャットフードは大抵3つのポイントをクリアしています。

本来であれば、市販品も無添加、グレインフリー、ヒューマングレードであるべきなんですが

キャットフードを含めたペットフード自体に対する規制が緩いので、酷い物が平気で売られている状態です。

あなたが飼っているスコティッシュフォールドを家族のように大切に思うのであれば、そんな酷い物を与えずに

良い物を食べさせてあげましょう。

 

1.5kgで3980円とそこそこのお値段はしますが、モグニャンキャットフードは愛猫家からの人気も高く

食材のこだわりや、食いつきの良さにも評判があります。

もちろん当たり前のように無添加、グレインフリー、ヒューマングレードです。